五代友厚年表

西暦(旧暦)年満年齢五代関連年表(日付は慶応4年まで旧暦)
1835(天保6)012月26日、鹿児島市長田町にて、徳助(後の才助・友厚)が誕生する。
1857(安政2)22安政2年、長崎海軍伝習所に遊学する。
1862(文久2)274月、市場調査のため、上海へ渡る。高杉晋作と知り合う。
1863(文久3)287月、薩英戦争が勃発する。イギリス船に拿捕され、松木弘安と共に捕虜となる。
1864
(文久4→元治1)
295月、上申書(英国留学生派遣の提案等)を作成・提出する。
1865
(元治2→慶応1)
303月22日(新暦4月17日)、羽島村(現在の鹿児島県いちき串木野市)を出港し、イギリスへ向かう。
5月、坂本龍馬を代表とする、亀山社中が結成される。
5月28日、ロンドンに到着する。
1866(慶応2)311月21日、薩長同盟が結ばれる。
3月11日、鹿児島へ帰国する。
1867(慶応3)324月23日、いろは丸沈没事件が発生、対応する。
10月、大政奉還がおこる。
1868
(慶応4→明治1)
33慶応4年1月11日、神戸事件が発生、対応する。
1月15日、堺事件が発生、対応する。
2月29日、パークス公使襲撃事件が発生、対応する。
明治元年9月8日、明治へ改元される。
9月18日、初代大坂税関長に就任する。
12月、小菅修船所が完成する。
1869(明治2)347月4日、辞表を提出。官職を辞し、民間へ下る。
1870(明治3)351月、菅野豊子と結婚する。
7月20日、小松帯刀が亡くなる。
1871(明治4)362月15日、大坂造幣寮が設立される。
1873(明治6)381月、鉱山経営会社「弘成館」を設立する。
1876(明治9)419月、藍の製造工場「朝陽館」を設立する。
1877(明治10)422月、西南戦争勃発が勃発する。
1878(明治11)438月、大阪株式取引所が設立、株主となる。
9月、大阪商法会議所(現在の大阪商工会議所)を設立、初代会頭となる。
1881(明治14)463月、大阪青銅会社を設立する。
7月、開拓使官有物払下事件で糾弾される。
1885(明治18)509月、戸籍を鹿児島から大阪へ移す。
9月25日、糖尿病により東京の自邸で亡くなる(享年50歳)。墓所は大阪市阿倍野区。