五代友厚の「思い」と「志」を、
次世代に継承していくこと、
現代に活かすことが、
五代友厚・映画製作プロジェクト
の目指すものです。

実もいらぬ、名もいらぬ、
ただ未来へ…

大阪での功績

大阪に造幣寮(現・造幣局)を誘致したほか、
南海電鉄、住友金属工業、商船三井、日本郵船などと関わりが深い。

五代友厚自ら関わった事業 設立に関わった主要なもの

1869年
(明治2年)
大阪通商会社・大阪貿易会社設立。金銀分析所設立。
70年
(明治3年)
大阪活版所設立 日本初の英和辞典刊行する。
薩摩藩の紡績所を堺に設立。
73年
(明治6年)
西弘成館(鉱山経営の統括機関)設立、鉱山王に。
75年
(明治8年)
大阪会議開催。
76年
(明治9年)
堂島米商会所開業。朝陽館設立。(藍の製造工場)
78年
(明治11年)
大阪株式取引所設立。
大阪商法会議所設立(後の大阪商工会議所、初代会頭)
80年
(明治13年)
大阪商業講習所設立。(後の大阪市立大学)
81年
(明治14年)
大阪青銅会社設立。(後の住友金属工業)関西貿易社設立。
84年
(明治17年)
大阪商船開業(商船三井)

国のため、人々のために尽くした、五代友厚。
公益性の高い施設を多くつくり、商いを通じ、人々を豊かにし、
まちを活性化する人を育て、未来社会へ
貢献する道筋をつくった。
五代友厚の葬儀には、敬意を表され、一般から、約5,000 人ほどの参列があった。

日本国の未来を見据え、
坂本龍馬、高杉晋作、勝海舟、大久保利通、寺島宗則、
西郷隆盛、トーマス・グラバー、大隈重信といった
人物たちと交わり、友として彼らを支え、
明治維新、近代日本に多大な影響を与えた。

五代友厚のルーツ

ルーツは、幼い頃の「世界地図」、「地球儀」との出会い、
国禁を犯しても渡った「世界」で、リアリズムを得た。
単なるグローバリズムではなく、その限界まで、その当時すでに
感じていたと思われる。
その理解の仕方、感じ方の中に、本当の日本人としてのアイデンティティーが
実在するはずです。

1836年
(天保6年)
鹿児島に生誕。幼少の頃、藩主から父が命じられた、
「世界地図づくり」に触れる。
54年
(安政元年)
藩の郡方書役。「男児志を立てるは、まさにこのときにあり」
開国論者の立場にたつ。
57年
(安政4年)
長崎・海軍伝習所へ。各藩(特に肥前)の誉友に出会う。
勝海舟やトーマス・グラバーと出逢う。
63年
(文久3年)
殖産興業、富国強兵の大切さを知る。
65年
(慶応元年)
薩英戦争で捕虜に。武士道の限界を知り、
国英留学を視野に入れる。
薩摩藩遣英使節団として欧州を旅する、英国留学。
(当時は国禁であった)
1868年
(明治元年)
マンチェスターで紡績業ほかを視察。
ベルギーで、貿易商社設立契約に調印。
69年
(明治2年)
新政府の参与職外国事務局判事、政府に造幣寮誘致を進言。
大阪府判事となる。
官の仕事を辞して、横浜から大阪に戻る。