2018年(平成30年)は、
「明治維新150年」

新たなる日本ひいては地球の船出の指針を探るには
五代友厚の検証が必要である。
それには、司馬遼太郎が描いた坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通、島津久光との
対比も必要であるが、
当時彼らが国造りの模範としたフランス革命、
ナポレオン、プロイセン、フランスの憲法等国の制度の
成り立ちまで研究しなくては不十分である。
そこには近代学問的価値が眠っている。
しかし、それにも限界があることを知らなければならないが…。

その扉を開くことなしに五代友厚の検証はできない。

1885 年(明治18 年)9 月25 日
友厚は49 歳の生涯を閉じた。
多くの事業を手掛けながら自らは蓄財することなく、
当時百万円の負債を残しての死であった。
それを妻豊子は返済した。
友厚の業績は豊子の内助の功によることが大である。
豊子の生き方、育ち方を検証する中で、
今の日本教育のあるべき姿を観ることができるはずである。

  • 五代豊子
  • 奈良県天川村天和銅山全景(明治初期)
  • 安養寺(奈良県田原本)

「見返りも名声も求めなかった男、五代友厚。」

五代は自らに何を求めたのか?
五代のやり残したことは何であろうか?
我々も何かできることは?
進むべき道はその進み方、探求の仕方を
共に感じるには映画の手助けが必要であろう。
聖書が人に生きる道を物語や文脈で説くように。
 フレキシブルな知性を死ぬまで磨かなければ、これまで育まれた日本の伝統、
相対的な価値観を続けることはできない。美しさと感動とは、
知性を磨き続けるプロセスの中で生じるものである。