五代友厚プロジェクト

一. 五代友厚プロジェクト 新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます

五代友厚の経験を踏まえた具体的な事象を五代の内面にまで立ち入って物語を
作ろうという時、人は自己の経験則の範疇を出ることは非常に難しい、
その為すぐに抽象的で道徳的な教訓話をもってその物語を飾ろうとする。
 だから天命から、死者からも肯定される感動が出てこない。
 脚本6回目の書き直しに脚本家と監督が8月のクランクインに向けて奮闘している。
 我々五代プロジェクトのメンバーも自分の中にアイデンティティが無いことを
確知して存在しない存在との会話が出来るよう頑張ることが求められる。

いざ出発!
人間が自己の経験則から自由になるためには
まずは、外界に自然があるように自分の身体の内側にも自然(血液のヘモグロビン等は
もはや自分の身体とは認識できない)があることを知る必要がある次には人間が外界
との関りを自己の身体でなく金とか英語力とか欲望とかを介してしか取れてないこと、
そして実際に「この世」の意味構造を理解していないことを知る必要がある。
 だからこの世でないところ並びに今存在していない人から常に学ぶ必要があるのである。
 聖書、論語、経典等々
 廣田 稔人吉 国宝青井阿蘇神社にて。

日本に近代的な国民国家が成立してわずかに150年しか経っていない。
人権宣言から人間生まれながらに平等であり自由であることの引用文を聞いて、
それらがあるべき姿を述べているだけであるのに人間に所与のものとして
備わっているある姿であると誤解している人が多すぎる。
それでは新しい151年以降の指針は描くことは不可能である。
 その誤解はどこから生じているのか?現代の我々が、パソコンが持たらす
情報の知々の範疇から出しておらず「存在しないもの」からの
英知を学ぶこととしていないからである。自分が判断するといっても
自己の中に学術的英知を全く持たず、自己判断できないのでNETで
検索するだけで後はどちらかといえば好き嫌いの感情で決めている。
 政治の世界での党派の離合集散も日本の政治家は好き嫌いで決めている。
 経済ですら消費その基点にある欲望によって決められている。
 本来、人間の感情自己隣憫、自己規律の弱さというものは非人間的のものであるため、「存在しないもの」からの英知を学ぶ努力が必要である。
 今こそ国民国家も相対的で一時的なものであることを覚知し直して
いかにそれを守るかを真剣に討議すべきことも五代友厚公が我々に命じている。
「存在しないもの」とこの世のあわいから人間の芸術は生じると言われている。

二. 五代プロジェクトのメンバーへ

五代友厚の検討の仕方

それはまず夢中になって五代友厚について書かれた本を熟読します。
その中で、五代友厚に他者貢献の性格があるのか、その他者貢献はどこから
生まれてきたか?を観察します。夫々一つの仮説を立ててみてください。
その上で他の書籍を検証し、その反証事例があればその仮説を書き換えます。
 その作業を繰り返す中で事象の背後に見えない筋書きを予感・直感する脳力を
研くことができます。人間のあるべき知性が発動します。

今何故、寺子屋の教育が見直されるべきなのか?
それは今の教育が人間世界の外との関りを持つことなくグローバリズムの名のもとに、
金と欲望求の中に理没しているからであります。

豊子夫人について
五代龍作は「人と為り貞淑温良、君に仕えて内助の功勘からず」と記している。
 豊子は大和国部下郡八尾村盤野の管野慶司の長女である。菅野は儒教家で
寺子屋をやっていたという。豊子が影響を受けた寺子屋の教育が今見直されている。
それは市場原理・競争原理が導入された結果、学校教育が荒廃したからである。
教育は「商品」であり、学校はその「売り手」であり子供たちや保護者は
「顧客」であるというスキームで学校教育が論じられるようになり、
結果子供たちの学習意欲が老化したのである。(内田樹の講演集より)
 寺子屋の教育とは、主として生活に必要な知識を教えたと言われているが
論語の素読とともに能の謡も学んでいたのである。謡で日本の文化を「論語」や
漢語によって中国の文化を学んでいたのである。謡はしかも絵付き、
本がそこには手紙の書き方や礼儀作法も出ている。
 孔子の論語は単なる実利的な処世洲ではない。
六芸(礼・楽・射・御・書・数)に何故信が無いのか悩んだことがあるが・・・
一番目の礼とは、ただの礼儀作法のことではなく「この世に存在するもの」とだけ
関わっていたのでは「この世」も仕組みは決して見えない。
 そのため五代プロジェクトは、友厚命日の日に弔いの儀式を挙行している。
 この世の仕組みについて一望俯瞰的に見るには「この世に存在しないもの」を
見る必要がある。地図を見る技術に繋がる。世界を水平的に二次元的にとりあげて
領土拡張の戦争をしていても真なる国力にならない。それには地球儀が要る。
しかもそれを回して過去と未来に向けて時間の中で回してみる必要がある。
地球の構成メンバーは、いま生きている人間だけではなく死者と
これから生まれてくる子供たちも含まれている。
 是非、㈱長谷川工務店の本店地下平野町キャリーの五代友厚展に来て、
地球儀を回してみられたい。
 寺子屋教育の実質上の再建に向けて、豊子の人生検証プロセスの手助けを期待したい。
さて豊子を演じる女優は誰に決まりますやら。楽しみである。 

TOPICS -トピックス-

2019年2月6日

講演会のお知らせについて
(※開催期間は終了しました)

2019年1月25日

2019年1月25日(金)~辰野ひらのまちギャラリーにて第8弾「五代友厚展」開催中
五代プロジェクトからのお知らせです。奮って御参集ください。(別リンク)
(※開催期間は終了しました)

2019年1月21日

五代プロジェクト「新年のご挨拶」をアップしました。

2018年8月27日

9月24日(祝)開催予定の「五代友厚甲子園」の情報をリリースしました!
ぜひご覧ください!(別リンク)

2018年4月24日

五代友厚留学渡航体感ツアー around in いちき串木野(お知らせ)

五代友厚プロジェクト鹿児島支部では、これまで五代友厚に関するツアー、セミナー、イベントを開催してきました。
五代友厚の映画化にむけた1つのやり残しとして、羽島で待つ留学生らを長崎から船で迎えに行く五代友厚の情景を体験する企画が実施されずにおりました。
そこで、このGW期間中に開催する運びとなりましたのでご案内差し上げます。

【五代友厚留学渡航体感ツアーの詳細はこちらをご覧ください】

2018年4月23日

廣田稔のコラム 更新のお知らせ
五代友厚プロジェクト代表の廣田稔が寄稿しております、「廣田稔のコラム」ページを更新いたしました。
是非、ご一読ください!

2018年4月17日

「五代友厚(仮題)」映画製作委員会のサイトがリニューアルしました。
新コンテンツなど、多数増えておりますので、ぜひご覧ください!

2018年3月28日

この度いちき串木野市が五代友厚の映画創りの為のふるさと納税制度を作られました。
それは五代友厚プロジエクトの明治151年からのゆっくりとした新に美しい国創りを
目指す映画創りに自らも加わり市民あげて人の世の根本である
普遍的道理を探す旅に出かけてみよう協力しようということです。
別添資料をご覧下さい。
文化創造に寄与する為にふるさと納税を利用する。何と素晴らしいことではありませんか!
それも先人の他者貢献の心をいちき串木野、日本だけでなく世界の為に、とのこと!
皆さん是非ご協力下さい。
お願いします。

↓↓詳細はいちき串木野市のふるさと納税特別サイトをご覧ください↓↓
食のまち、歴史のまち、観光のまち いちき串木野。
いちき串木野ふるさと納税公式サイト

いちき串木野市が五代友厚の映画創りの為のふるさと納税制度を作られました。

詳しくはいちき串木野ふるさと納税公式サイトへ(別リンク)

「五代友厚(仮題)」
映画製作委員会

製作者
廣田 稔
製作委員会プロデューサー
鈴木 トシ子
映画製作委員会
五代友厚プロジェクト
鹿児島テレビ放送
奈良新聞社
クリエイターズユニオン
廣田稔法律事務所
出資者
製作委員(個人、団体多数)
製作会社
クリエイターズユニオン
後援
大阪商工会議所
鹿児島商工会議所
大阪天満宮
公益財団法人 大阪観光局(予定)