活動レポート

TOMOATSU GODAI PROJECT

活動レポート一覧

2020年08月09日

   涙

吉田松陰が1859年29才で刑死し、高杉晋作が1867年27才で死し、坂本龍馬が1867年31才で殺害され、大 […]

2020年08月08日

 三浦春馬さん、だんだんなー

歴史を検証しようと真剣にそれこそ本物の刃剣と対峙した時のように思い至った時、私たちは歴史からほとんど学んでいな […]

2020年07月21日

歴史物を映画にすることの意味

人間は失敗の体験に学んだ時に初めて成長し、一人前の大人になる。 それと同様に、国家の進むべき道を探るには、江戸 […]

2020年07月11日

    水害について

先日、コロナを人間が自らをホモ・サピエンス(賢い)、万物の霊長と勝手に自己評価して動植物を私物化したことへの動 […]

2020年06月08日

五代の発言

五代は映画の最後に大阪商法会議所で「地位か名誉か金か、いや大切なのは目的だ」と大声をあげている。その目的の意味 […]

2020年05月29日

多神教の勧め

科学者と真なる教育者によって若者を教育してもらいたい。若者はその恩に応えるべき、死ぬ思いでの努力をする必要があ […]

2020年05月10日

歴史からどう学ぶか

近代の産業資本主義の世界における政治家の決断は自己のわずかな知見や経験の範囲、つまり自分の手持ちの物差しに留ま […]

2020年05月08日

今五代、現代ごだい

昨夜、大阪府知事の吉村洋文氏が、読売テレビのニュース番組TENに出られていた。そこでは知事は明確に 「新型コロ […]

2020年04月27日

中村哲先生の生き様を聴いて

中村哲先生の生き様を聴いて我々は、どこで涙するであろうか? 先生が一生国際社会への貢献の道を歩まれ続けられたの […]

「五代友厚(仮題)」映画製作委員会

  • 製作者:廣田 稔  製作委員会プロデューサー:鈴木 トシ子
  • 映画製作委員会:五代友厚プロジェクト、鹿児島テレビ放送、奈良新聞社、クリエイターズユニオン、廣田稔法律事務所
  • 出資者:製作委員(個人、団体多数
  • 製作会社:クリエイターズユニオン
  • 後援:大阪商工会議所、鹿児島商工会議所、大阪天満宮、公益財団法人 大阪観光局(予定)