活動レポート

TOMOATSU GODAI PROJECT

活動レポート一覧

2021年04月14日

コロナ対策

8時迄で飲食店を閉店という指示について、それで何故にコロナ禍対策となるのかについて、もっと科学的な説明が必要である。 コロナ対策について、国と自治体で感染者情報をクラウドで集約するハーシスが必須であることは大前提である。 […]

2021年04月03日

天才的なバカになれ!

明日の朝6時から15分間FM大阪で「天才的なバカになれ!」という題で玉田玉秀斎との対談番組が始まる・ FM大阪の西山社長から2006年頃、アメリカのドル札の裏に「IN GOD WETRUST」とかいてある。日本は憲法20 […]

2021年03月30日

渋沢栄一も引用した論語

とは、孔子の説いた理想的秩序「礼」の姿、理想的道徳「仁」の意義、政治・教育などの具体的意見を述べたものである。 礼とは、それに基づく自己抑制と他者への思いやり、忠と恕の両面を持つといわれている。只、忠恕を大切にと声をかけ […]

2021年03月26日

ありがとう

今回の五代友厚の映画「天外者」の興行にあたっては、偏に三浦春馬君のファンの方々にお世話になった。 ファンの方々は、映像の中で生きている三浦君に出会うために何度も映画館に出かけてくれた。彼の涙には演技を超えるものがあり、五 […]

2021年03月15日

The challenge to restore democracy and capitalism

On the front page of the morning edition of the Nikkei newspaper on the 22nd, a picture of Pax Americana and t […]

2021年03月15日

In Search of Reason

Godai was born on 26 December 1835, the second son of a senior feudal lord Hidetaka and mother Yasuko. He was […]

2021年03月15日

Let’s live each day with care

Everyone who comes into this world must eventually die. As long as we live, we will see someone else off who d […]

2021年02月23日

民主・資本主義修復へ挑む

と題して22日日経新聞の朝刊一面にパクスの写真と資本主義社会の現状を載せている。 2035年に中国と香港を合わせたGDPは日米合計を上回る。中国は共産党の支配体制を守るためなら自由や人権を犠牲にすることも厭わない。 一方 […]

2021年02月21日

理性を求めて

五代は1835年12月26日上級藩士父秀堯、母やすこの次男として生まれた。上士の出である。渋沢は1840年に豪農の家に生まれた。 渋沢も五代も当時の世界列強国の力の源が資本主義のシステムにあることを知る。江戸末期の有識者 […]

2021年02月16日

毎日を丁寧に生きていこう

この世に生を受けた者は、いずれ必ず死を迎える。自分の命がある限りは、先に死にゆく誰かを見送らねばならず、大切な人の数だけその苦しいまでの喪失感を味わうことになります。 その悲しみを懐かしさへと姿を変え、涙ではなく微笑みで […]

「五代友厚(仮題)」映画製作委員会

  • 製作者:廣田 稔  製作委員会プロデューサー:鈴木 トシ子
  • 映画製作委員会:五代友厚プロジェクト、鹿児島テレビ放送、奈良新聞社、クリエイターズユニオン、廣田稔法律事務所
  • 出資者:製作委員(個人、団体多数
  • 製作会社:クリエイターズユニオン
  • 後援:大阪商工会議所、鹿児島商工会議所、大阪天満宮、公益財団法人 大阪観光局(予定)